Event is FINISHED

今さら聞けない解剖学

Description
リハビリテーションを展開する上で、解剖学が重要であることは周知の事実だと思います。

その反面、「卒前から解剖学に苦手意識がある」「卒後の再学習に苦心する」といった声をよく耳にします。

本セミナーでは1日をかけて解剖学の再学習を行い、その上で座学のみの知識として終わらせるのではなく、国内外の研究などを基に、臨床に活きる実学へと昇華させることを目標とします。

また、部分的に実技などのデモンストレーションを実施する予定です。
実技を通じ、より実践的な知識を身につけることができる講義を展開します。

卒後の経験年数が浅い方以外にも、十分に新しい見識が身につく講義内容となっております。皆様の参加を心からお待ちしております。


<講義内容>

  • 系統学から考える四肢と体幹のなりたち
  • 上肢と下肢、体幹の筋コンパートメントについて
  • ランガー線とTotal Knee Arthroplastyの術式の関係性
  • 体幹・頸部の筋の層構造について
  • 上肢の末梢神経の絞扼部位とその構造

<実施要項>

  • 日時:8/4(日) 10:00~16:00
  • 場所:富山県富山市内(参加者へ別途ご連絡致します)
  • 参加費:8000円(富山県ご出身の方は7000円)
  • 定員:50名

<講師プロフィール>

町田 志樹 先生

<資格>

  • 医学博士位取得(順天堂大)甲第1578号
  • 認定理学療法士(学校教育)
  • いまさら聞けない解剖学 代表
  • マイオチューニングアプローチ(MTA)アシスタントインストラクター

<所属>

  • 臨床福祉専門学校 理学療法科 理学療法科 専任教員
  • 順天堂大学 解剖学・生体構造科講座 協力研究員

<著書>

  • 『PTOTビジュアルテキスト専門基礎 解剖学』(株式会社羊土社 2018年)
  • 『町田志樹の聴いて覚える起始停止』(株式会社三輪書店 2019年)

1977年新潟生まれ。
新潟リハビリテーション専門学校(現、新潟リハビリテーション大学)卒業後、2010年より順天堂大学 大学院医学研究科・解剖学・生体構造講座 研究生として坂井建雄教授に師事し、解剖学を学ぶ。
その後、2015年に同大学 博士課程を修了(入学資格審査合格のため、修士過程免除)し、博士(医学)を取得。
現在は、臨床福祉専門学校理学療法学科にて教鞭を取りつつ、解剖学の卒後教育をコンセプトとした講習会「いまさら聞けない解剖学」を全国で展開。
北海道から沖縄まで20以上の都道府県で開催し、年間2000名以上の現職者に講義を行っている。
Sun Aug 4, 2019
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
富山県富山市内
Tickets
受講費 SOLD OUT ¥8,000
受講費(富山県出身者用) SOLD OUT ¥7,000
Venue Address
富山県富山市明輪町1-225 Japan
Organizer
リハ塾
9 Followers